アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Categories
美容室でのクリーム

postheadericon 効果的なシャンプー方法について

頭皮を清潔に保つためには、シャンプーは欠かせませんので、頭皮を傷めず、頭の油も残さないための効果的な洗い方について説明します。

まず、髪を洗う前には、髪を濡らす感覚ではなく、しっかり汚れを洗い流すつもりでお湯洗いを行います。そして、シャンプーを手に取って、しっかり泡立ててから頭につけます。30秒くらいで終わらせるのではなく、指の腹を使って、しっかりと地肌をマッサージするように洗います。最後に、すすぎにはなるべく時間をかけて、しっかりと泡を洗い流すようにすることが大切です。

ヘアカラーの効果
ヘアカラーには、白髪を隠して若々しい見た目を取り戻させてくれるという効果があります。白髪があると一気に老けて見えるので、色を染めることによって数歳は若く見られることができるようになります。

若い人たちは、ファッションの一つとして髪の毛を染めていることが多いです。黒い髪では見た目が重くなるということで、明るい茶色に染めたりするケースがほとんどです。栗色の髪の毛は、若々しく活動的なイメージを周囲に与えます。

閉店後の美容室

postheadericon シャンプーとは

シャンプーとは髪の毛を洗う時に使われる石鹸の事です。美容室では特殊なシャンプーを使われる事が多く、特にヘアカラーをして髪の毛がダメージを受けてしまう事があるので、ダメージに強いものが使われる傾向にあります。

家庭用では、薬局やドラッグストアー、スーパーで簡単に手に入れる事が出来て、価格も安いものがあります。女性用と男性用に分かれている事が多く、それぞれの性別の髪の毛の質に合わせた選び方が必要となるものです。

シャンプーの種類
シャンプーには、毛髪に潤いを与えるものや、育毛剤の成分が入っているものなど、さまざまな種類があります。購入する場合には、どの種類ならば自分の毛髪や頭皮に適しているのか、慎重に選択することが重要です。

美容室でも、客の毛髪を洗うためにシャンプーを使いますが、店舗でおすすめの製品を用いることが見受けられます。また、現在では、洗うだけで髪を染めることができるヘアカラーも販売されており、とても人気があります。

シャンプー

postheadericon ヘアカラーとは

ヘアカラーとは、染毛剤や染毛料、ブリーチ剤などを用いて髪の色を変化させる事やものの総称で、一般的に美容室や自宅で行います。

染毛剤は、毛髪を永久的に染める事が可能ですが、皮膚アレルギー反応を起こす場合があるので使用前にパッチテストを行うことが義務付けられています。

ブリーチ剤は、毛髪のメラニン色素を分解し脱色します。

染毛料は、一時的に毛髪を着色するもので、シャンプーの度に色落ちしますが、髪へのダメージは少なく、染毛剤に比べアレルギー性は低いという利点があります。

美容室でのヘアカラーの種類
美容室でのヘアカラーの種類は大きく分けてブリーチ、カラー、ヘアマニキュアの3種類があります。

ブリーチは、毛髪のメラニン色素を分解することで髪の色を明るくする方法です。カラーは、髪の毛内部まで染める方法で、シャンプーをしても色が落ちにくいことが特徴です。ヘアマニキュアは、髪の毛の表面と少量内部を染める方法なので、持続性が低いことが特徴です。それぞれの特徴を生かして、目的や髪の状態にあったカラーリング方法を選ぶことが大切です。